06.ややのいえの仲間たち

小松市の委託事業で行っている「小松市認知症ケアコミュニティマイスター養成講座」より

「認知症フレンドリー社会」のアプローチで地域全体が変わる!

近年、注目されていいるキーワード「認知症フレンドリー社会(認知症の人にやさしい社会)」とは・・・
医療を中心とした従来の考え方では、病気が問題を引き起こすので、予防や治療で問題を減らそうというアプローチでした。
それに対して、「認知症フレンドリー社会」の考え方では、認知症に関係する出来事を、認知症に伴う症状を持つ人々と周囲の環境との間で起こる現象としてとらえ、病気に対処するのではなく、地域や社会の側を変えていこうというアプローチです。
特に、認知症施策の先進地である英国では、こういったアプローチが広まっており、各地や町ごとに認知症フレンドリーコミュニティを目ざすネットワーク(Dementia Action Alliance)が結成されています。その他に、企業も取り組みを始めています。こうした取り組みは、認知症の人のためであると同時に、他の高齢者や障害者全般にもフィットしやすく、より安心して利用できるものです。
認知症フレンドリー社会は、認知症の人だけを特別扱いするということではなく、「認知症の人にも優しい仕組みがある社会」です。

日本で上記のような先進的な取り組みをされている「徳田 雄人(とくだ たけひと)」を講師にお招きし、一般公開講座を行います。興味のある方は、どなたでも参加できます。ぜひ、一緒に「こまつ型のフレンドリーコミュニティ」を考えてみましょう!

※詳細は、こちらをクリックしてください。
☆講師の「徳田 雄人(とくだ たけひと)」さんの関連HPは、
認知症フレンドシップクラブHP
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
RUN伴(ランとも)

NPO法人いのちにやさしいまちづくりぽぽぽねっとの「いのちの学校」企画

先日、三砂ちづる(みさご ちづる)先生が、癌であるご主人を自宅で介護し看取った経験をお話してもらった。
詳細は、こちらをクリックしてね♡

前回、訪問看護にお伺いさせていただいていた98歳の方のご自宅での大往生に寄り添わせていただきました。
おじいちゃんの人生のお話しをご家族からお伺いできた感謝の一週間でした。6月2日土曜日、三砂ちづるさんをお迎えして、午前中は「おむつなし育児」午後からは「自宅で看取る」のお話をしていただきます!育児と看取りを考える一日。定員が60名で先着順です。みなさまお早目のお申し込みをお待ちしています!

※ 詳細は、  こちらをクリックしてね

 


NPO法人日本コンチネンス協会北陸支部にて、
排泄についての基礎講座があります!ぜひ、ご参加下さい💕

🚽 詳細は、こちらをクリックして印刷してね。

コンチネンス基礎講座🚻NPO法人コンチネンス協会について、興味のある方は、こちらをクリックしてねー!

 

NPO法人ぽぽぽねっとの聞き書き部会による聞き書きカフェが開催されます。

第1弾は、
日 時:平成30年4月7日(土) 10時~12時
場 所:コミュニティスペースややのいえ
参加費:会費700円、一般1,000円(お茶・お菓子付き)
講 師:天野 良平先生(日本聞き書き学校 聞き書き講師)

※ご興味のある方は、ここをクリックしてくださいね♡

【一般公開講座】
アクションプラン実践報告会がいよいよ開催されます。

平成29年度 認知症ケアコミュニティマイスター養成研修会で1年間まなび、
自ら企画・実践したアクションプランの発表会が開催されます。

ぜひ、認知症になっても安心して暮らせる小松の姿を一緒に考えてみませんか?

  • 日 時:3月17日(土)13:30~16:30
  • 場 所:小松市すこやかセンター
  • 主 催:小松市

ご興味のある方・意欲のある方はどなたでも参加できます。

【詳細な内容を知りたい方】
こちらをクリックしてご確認ください!

今日もややのいえは賑やかです。

04099228-CC8C-4B45-B233-1A5FF4685A5E産後ケアの親子さんとかご近所の一人暮らしのおばあちゃんとかもご一緒です。ボスがおいしい「まかないランチ」を作ってくれました。焼き飯、丸いも団子汁、岩国蓮根のキンピラ、ほうれん草のお浸しなどなど。みっちゃんのフランスパンのおしゃれなのとか、いただきものの文旦のデザートも彩りを添えて、にぎやかなランチでした。
遊びに来ていた近所のおばあちゃんも「昔は、大勢で囲炉裏を囲んでこんな風に賑やかに食事をしてたなぁ」と子供の頃の話を沢山してくれました (^0_0^)

 

コマニーさんの宮本さんと山田さんが 「UE-Cafe@小松」についてお話してくれました。
EDEC135B-788F-452C-86F7-24D47F3BD99C

日時: 2月7日(水)18時30分
場所: サイエンスヒルズこまつのわくわくホール

Cafeから新しい楽しいアクションがたくさん生れたらいいですね、
ぜひ、みなさんご参加ください。

※詳しいチラシは、こちらをクリックしてね!

 

UE-Cafe表UE-Cafe裏☆UE-Cafeについては、
ここをクリックしてみてね♡♡♡

 

第18回いのちの学校
氷点下にも関わらず参加してくださった皆さんと佐藤先生、荒木早良先生との素敵な出会いがありました。
今後この出会いを小松でつなげて行きたいと思いました。

※いのちの学校の様子はこちらをクリックしてご覧下さい。

  • NHK「プロフェショナル仕事の流儀」第140回の「どんなときでも、命は輝く」にも登場された看護師です。末期がんだった41歳のお姉さまをご自宅で看護し看取らえたことをきっかけに訪問看護をはじめられたそうです。その時の在宅をチームで行った経験は、「その人の生きてきた生活の場が療養の場となり、かけがえのない時間を、できれば最後まで家族や愛するものに囲まれて過ごしたい」との思いを支えるために在宅ケア道に入られました。「じっくり相談できる場所」、もっと早く「在宅医療」をしってもらうために活動をされています。2011年には「暮らしの保健室」、2016年には「マギーズ東京」をオープンさせ、がん患者さんの安心できる居場所づくりを行われています。

    先進地での取り組みを学び、自分達にできることを一緒に考えてみませんか。

  • 日 時:2月25日(日)13:00~16:00 ※ 時間変更になりました
  • 場 所:小松市民病院 南館4F研修室
  • 講 師:(株)ケアーズ白十字訪問看護ステーション代表取締役・統括所長
    NPO法人マギーズ東京共同代表理事 マギーズ東京センター長  
    秋山 正子さん

ご興味のある方・意欲のある方はどなたでも参加できます。

【参加ご希望の方】
こちらをクリックしてご確認ください!

小松市認知症ケアコミュニティマイスターの会とNPO法人いのちにやさしいまちづくりぽぽぽねっとで協力して、小松市に聞き書きの輪を広げようと企画しました。

2.11 聞き書き講座

ご興味のある方・意欲のある方はどなたでも参加できます。

【参加ご希望の方】
こちらをクリックしてご確認ください!

やや通信(毎月発行)

コミュニティスペース      ややのいえ

コミュニティスペース      とんとんひろば

訪問看護ステーションややのいえ     暮らしの保健室

ややのいえの仲間たち

訪問者数

  • 100313総閲覧数:
  • 85今日の閲覧数:
  • 160昨日の閲覧数:

アーカイブ