06.ややのいえの仲間たち

小松市の委託事業で行っている「小松市認知症ケアコミュニティマイスター養成講座」より

一般公開講座:「認知症と共に生きるには」
~認知症ケアの過去・現在・未来~

現在は、認知症と家族の会の代表理事をされていますが、
今まで、 一緒に活動をしてきた 鈴木森夫さん が小松にやってきます!

一緒に認知症ケアの変遷を勉強して、今後について語り合いましょう!
興味のある方ならどなたでも参加できます。ぜひ、友人・知人をお誘い合わせてご参加ください。
ぜひ、この一般公開講座にご参加ください。

※詳細は、こちらをクリックしてください。

 

小松市認知症ケアコミュニティマイスターの会主催により、
再度、聞き書きの本家・本元、聞き書き作家の“小田豊二”先生が小松に来られました。

odatoyoji

聞き書きの「基本のキ」を学び、本にする本綴じなども体験し、「聞き書きテスト」も行いました。

「聞き書き」は、語る人の気持ちになって本にしていきます。同じ文章を聞き書き風に文字おこしをすると、その人の数だけ違う雰囲気の物ができあがります。また、本人と手直しをしたり・・・奥が深いものですね♡

※詳細は、こちらをクリックしてご覧下さい。

 

~玄関脇にあさがおの苗を植えました~

カフェに合わせて、明後日朝顔の苗を植えました。
明後日あさがおの田村さんと梶さんに教えていただきながらステキな朝顔の棚ができました!
あさがおの苗は新潟からきたものですよ♡ あさがおの花が咲くのを楽しみに育てていきます。

  ※明後日朝顔プロジェクトとは、こちらをクリックしてご覧下さい。
明後日朝顔 安宅facebookは、こちらをクリックしてね♡

近所に住んでいるカラスのカーコも見に来てました。
6B977F7F-0848-4870-B928-F7F99D76F037683AFB7B-4DA7-441E-A09C-5DB0A00BB8FB1AE67F31-467D-45EF-8D9F-2D0BA97A561B23CD45CE-CE01-46FC-A356-97BFF05C4F5B3FE59FEF-AB93-4DB7-9537-671F886409544F06BE82-645E-4477-8222-D8384E4AAD75D6A8D784-074F-4FDA-B213-769DAE7811CBC6D779AB-0330-4511-85DC-B786199187C198E6D7A2-2CEC-4322-86C1-42244273F1D208BEBF2F-14CA-43B9-980F-A9E437FA6F4D4C115F8B-3C82-4EF2-8A3B-5755EA872EA4341CE440-2565-47B6-ACF3-56624F046D0B

 

 

 

NPO法人いのちにやさしいまちづくり
ぽぽぽねっとの聞き書き部隊 福島へ行く!

popopo

 

ぽぽぽ聞き書きの会 部会長の清水まゆ美さんが、昨年に引き続き、チームこのへんの一員として福島を訪れました。

※詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

「新たな活動にも原点がある。原点を知ること歴史を知ることで新たな発見もある」

gatag-00005167

ややのいえでコミュニティデザイナーの西上ありささんと古野金沢大学名誉教授の「公民館」&「Co minkan」ゼミが開かれました。

2人のご縁が七夕の前日に結ばれるなんて素敵です。
新しいワクワクが始まる予感がしました。

 

36640243_1838418662912419_6998414334250450944_n36719025_1838418709579081_7159114289431707648_n36696349_1838418742912411_9130142143833178112_n36747161_1838418702912415_3531248739844882432_n36751474_1838418669579085_553722555488272384_n

先日、小松市民病院さん主催で、
認知症当事者でおれんじドア実行委員会代表でもある“丹野 智文”さんの公演会がありました。

小松市民病院の研修室が満席になり、熱気に包まれました。
認知症の当事者の方から話しを聞ける機会はなかなかないですが、最近では自ら公表して思いを話してくれる人が増えています。 私達が誤解していること、一緒にできることなどなど・・・目からウロコの話でした。

サポーターではなく「パートナー」として、
認知症と共に生きる社会を一緒につくっていくぞ~!と思いました。

※詳細は、こちらをクリックして下さい。丹野さんが教えてくれた素敵な情報も載っています。

 

 

 

小松市の委託事業で行っている「小松市認知症ケアコミュニティマイスター養成講座」より

一般公開講座:「認知症と排泄ケア~排尿・排便~」

「気持ちよい排泄とは何か」を一緒に考えませんか?
目からウロコの内容が盛りだくさんです。ぜひ、この一般公開講座にご参加ください。

※詳細は、こちらをクリックしてください。

小松市民病院さん主催で、認知症当事者の方が語るまちづくりが開催されます。
当事者でもあり、おれんじドア実行委員会代表でもある“丹野 智文”さんの公演会です!

※おれんじドアとは…
認知症と診断された人の、その不安を一緒に乗り越えられたら…という思いでつくられました。
認知症の診断を受けて、これから先、どうなるのだろうと不安で仕方がなかったとき、先に診断を受け、その不安を乗り越えてきた認知症当事者の方々との出会いに救われたそうです。
この「オレンジドア」には、もの忘れなどで不安を抱えた方や認知症と診断されたご本人に足を運んでいただき、当事者の居場所だけでなく、来ていただいた方が安心して元気を取り戻して次の居場所につながるための「入り口」という意味だそうです。

 “おれんじドア”のホームページはこちらです。

これからの私達が認知症とどのように向かい合って生きていくのか、一緒に考える機会だと思います。
ぜひ、ご家族、友人、ご近所の方、職場の方などお誘いあわせて参加しませんか?

※詳細は、こちらをクリックして、小松市民病院へお申込ください。


 

「認知症フレンドリー」の考え方は、認知症に関係する出来事をわくわくワーク、認知症に伴う症状を持つ人々と周囲の環境にとの間で起こる現象としてとらえ、病気ではなく、地域や社会の側を変えていこうというアプローチだそうだ。
これは認知症のみでなく、子供や障害のある人達などさまざまな方にとっても広がることができる!

今回は、急な呼びかけでしたが、様々な業種の方が集まり、広くフレンドリーコミュニティの可能性を学び当事者としての体験を語りあわせていただきました。

また、第2弾も行う予定です。ご興味のある方はこのメールアドレスまで ご連絡下さい。 info88@sorabuta.comB233A1F2-7751-467C-9349-58CAA81A9F824B592E1D-5CE1-4B94-AF59-6F98AC92E628D927AAC6-4046-4C30-8F28-FF0ED96FF00E5A84CF72-75B6-4506-AAB9-876C8AAE7DB7ADFBD230-31B7-437D-B941-DC323DACF423ADFBD230-31B7-437D-B941-DC323DACF423E72B292C-C0C3-4959-B7B5-FFC374BBDF94267CB280-E999-4BDC-8872-FD123D64D0519D2A3B0E-537A-48AA-9183-30AA914E73C25B74EBAF-B1D5-402F-8A13-BA535EC38550254BC901-ED6F-4198-84D4-807F5E24BCECF1E18424-ECE2-435A-AB8D-A77A0358AE4CCF1BC0D4-17D3-47B0-BE67-8E2CEE3D7E6DE12375E5-7155-486D-AAD4-B0FC8512030A586C3B42-A817-446D-8155-C1B8B23A817F

昨年、大雪のため涙を飲んで中止した“聞き書き講座”のリベンジです!

小松市認知症ケアコミュニティマイスターの会主催により、
再度、聞き書きの本家・本元、聞き書き作家の“小田豊二”先生が小松に来られます。

odatoyoji日 時:平成30年7月14日(土)13:30~16:30
場 所:小松市民病院南館4階研修室

※詳細は、こちらをクリックしてくださいね!

 

聞き手が知りたいことを聞くのが“インタビュー”、聞き書きは相手(語り手)の話したいことを語ってもらうのが“聞き書き”です。

興味のある方は、ぜひご参加ください♡♡♡