02. 訪問看護ステーションややのいえ

毎日の雪かきお疲れ様です。

今年の豪雪、とうとう56豪雪を超えたそうですね。今日は吹雪いたりお天気になったりな一日。圧雪されてた道の雪が緩んでガタガタになって、あちこちで車がはまって動かなくなっていました。歩道も雪で埋まっているので狭くなった車道を歩く高齢者をみるとお互いにドキドキしますね!

毎日、スタッフが雪かきをして、2人体制で何とか訪問に行かせてもらっています。様々な方々の活躍で除雪作業も日に日に進んでいます。スタッフが焼いてくれたパウンドケーキやチョコレートが、雪かきで疲れた体には甘いものが沁みわたります🍫

駐車場が雪で埋まってて帰れなかったスタッフはややのいえでのお泊りしていました。本当にすごいですね。皆さまも体調を崩さないようにお気をつけ下さいませ。お風呂でゆっくり冷えた身体を温めて、雪かきでカチカチの身体をストレッチでほぐして、しっかり睡眠をとってくださいね💖

70B1F754-6C2F-44F2-9782-BCCACCEA0B0D43E0BB96-F492-4A66-8EBE-66BC1E3185142FB31F41-F690-4EED-B8A6-1FD1EB78661DA8B69F2D-B156-4B0C-86AA-B0BD55B6AFA4486FCEE2-A6F9-47DB-BF76-93729327C72674954875-E704-46DC-87FE-2266A5D83AE38634D98C-3F4F-479E-AA3B-A3B95FABB23E

“嚥下食”をみんなで試食会!

利用者さまの経口摂取がしやすいものを検討するために、スタッフが作製してきたお茶ゼリーや市販の嚥下食などを色々食べ比べてみました。

21857ECD-17A3-4DE8-AF5A-B1DBB33EF04DF1184F4D-0989-4D8B-8A5B-4D4C58F82F68同じお茶でゼリーを作っても何で固めるかによって味も少し変わることもわかり、トロミ剤の量によっても味や舌触りも少し変わることもわかりました。好みも人それぞれ・・・
さまざまな意見が出てさらに施行錯誤できそうです。9D423F52-1288-4D8A-A0D5-0AF080620BB817A1F3A0-6590-4CFB-8854-D2720C7D4B7FD10C5691-9884-42EC-96EB-EE87C599F7F2

“NHK Eテレ~TVシンポジウム”みてね!

認知症と図書館110月に東京で開催された「認知症と図書館を考える」のシンポジウムに
訪問時に聞き書きをしている様子をビデオ参加させてもらいましたが、
その時の聞き書きの様子をドキュメンタリー映像で紹介されるとの連絡が
ありました。よかったら、皆様みてくださいね!

番組:TVシンポジウム (NHK Eテレ)
「認知症にやさしい図書館」
~高齢化時代の新たな役割とは~
日程:2018年1月20日(土) 14時~14時59分

 

 

“久しぶりの大雪”で朝から大わらわでした!

ややのいえのスタッフは逞しい♡ 朝から自宅の駐車場から雪を除けて車を出し、
ややのいえの前を総出で雪かき☃☃☃

主要道路の除雪も追いついていないため、ガタガタ道路にハンドルを取られないように
注意を払いながら訪問に出かけました。

☃ 雪にも負けず、筋肉痛にもめげず、仕事にいそしむ女子集団です♡
CE471ACB-3E8E-4BCD-9016-E6826C7744498E94C743-D827-46E6-9202-EF4E8DD82F22AD595510-220D-4E0F-8558-82263EE8C5AFDB5BE157-DE6C-4629-B62B-01D76157CB48AEA152EF-CFC9-46E6-930A-CB50B59C26B38351C406-86E1-4680-A0C0-4B5D1F37976ACEE11D6C-0AB5-49A9-A19B-9F22A936E7D8899CDA2C-62C2-466C-A6FB-471970B2D335

先日、訪問リハビリテーションを実施している方にNHKの取材が入りました。
取材1

 

日本図書館協会第103回全国図書館大会特別セッション
「認知症と図書館を考える」にて、
石川県小松市・認知症の本人の思いを知る~聞き書きから学ぶ本人の声~としてVTR出演します。

 

 

 

 

・認知症になっても昔の体験は覚えています。
・聞き書きを通じて、本人の思いを知ることができます。
・普通の生活を通してみた戦争体験や生活体験を学ぶことができます。
・聞き書きを重ねることで、その人となりを理解し、愛おしい気持ちになります♡

“聞き書き本”にすれば、家族や後世に残すことができます。

 

認知症と図書館1認知症と図書館2

聞き書きのない介護はありえません。
たとえ、認知症になってもその人の生きてきた証を後世に残すいったんを担い、「忘れてもいいよ」と言ってあげられるようになりたいと思っています。聞き書きの第一歩はその方に関心を持つことから始まるのだと考えています。

私たちは、訪問看護をさせて頂く中で、その方の人生や考え方にふれさせていただく機会がたくさんあります。様々なお話しを聞かせて頂く中からひとこと聞き書きを実践しています。

それを文章化して一冊の冊子にすることを言います。語り手が人生の先輩である場合は、聞き手はその経験・知識・知恵を後世に残す橋渡し役を担うことができます。また、語り手は、語ることでご自身の人生を振り返り、幸せな出来事や頑張ってきたことを思い出すことにつながります。

生き生きとした表情を見せてくださったり、自分でしてきたことの「こんなにも頑張ってきたんだな」「まだ、やることがある」など肯定的にとらえることができ、心のケアにもつながるという効果があります。

一般社団法人オレンジクロス主催 第3回看護・介護エピソードコンテストにて、

オレンジクロス大賞 を頂き東京での表彰式に出席してきました。

この『介護・看護エピソードコンテスト』は、普段の看護・介護の現場で出会ったエピソードを通じて、
看護・介護のすばらしさを共有し、現場で頑張っている人達を応援するために作られたものと聞きました。

今回、この企画に応募して文章を書き、NHKかがのとイブニング、おはよう日本などの中で母親のことを語ることで、私自身のグリーフケアができました。また、仕事との向き合い方などを改めて確認できた素敵な機会になりました。ありがとうございます。(文:松村朋枝)

20170725142124_00001

IMG_469220170725142041_00001松村氏_(2)松村氏:理事長松村氏:秋山氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4689

 

 

◎第4回看護・介護エピソードコンテストは来年2月から応募予定だそうです。
ぜひ、みなさま積極的に応募してみてくださいね♡

 

な、なんと!

一般社団法人オレンジクロス主催
第3回看護・介護エピソードコンテストにて、

♡ オレンジクロス大賞♡ を頂きました。

今回のテーマは『伝えたい!私の看護・介護エピソード』でした。
若年性認知症だった母親のことと、ややのいえ在住の94歳正子さんとの関わりから感じたことを書きました。

 ~ ほがらかに楽しくおらせてくれやの ~
という題名です

無題母写真

 

 

 

 

 

 

 

7月発行の財団広報誌第3号にエピソードコンテスト大賞作品が掲載されます。

興味のある方は、オレンジクロスHP ここをクリックしてね!

※7月21日に表彰式のため東京に行ってきます。その模様はまた後日ご報告しますね。

長らくお待たせいたしました。久しぶりの更新です!
♡ ことぶき会( 80~90歳代 の女子会 )♡ をしました。

20170704152852_00001

女子はいつまでたっても女子ですよ!
女子たち6名が集まり、こまつの昔の写真を映したスライドを見ながら、
大盛り上がり。若かりし頃のはなしで笑いがとまりませんでした。

 

スライドにはないけど・・・盛り上がった話の一部をご紹介します。

✿今みたいに毎日風呂に入ることは なかったから、1週間か10日くらいに1回風呂屋に連れてってもらって、母親が兄弟一人ひとりを順番にしっかり  と身体を洗ってくれたんや。それがうれしくてね~(ほや、ほや)

✿どじょう鍋は、鍋が熱くなるとどうじょうが豆腐に頭からはいるんだよ、粕汁が一番うまいんだ。わても食べた~、残酷ななべやなぁ。

✿私が嫁入りしたときは、むかえ女郎といわれる小さいこども2人、花嫁を迎えにきてくれたのよね~。あら、その迎え女郎私がしたんよ。(え~笑い)
2017-06-15 12.03.23※これは、聞き書きでもあります。
偶数月の木曜日に定期的に開催する予定です。興味のある方はぜひご参加ください。
詳細が決まりしだいお知らせします。

☆聞き書き的看護の取材を受けました☆
7月6日(木) NHK かがのとイブニングで放送されます(18:00~19:00)

 

 

東京では、初開催だよ♡ さぁみんなで “ POOマスター ” になって仲間を作ろう!

※申し込み先は、こちらをクリックしてください。
 東京POOマスター(表)差替え東京POOマスター(裏)差替え