子ども達の将来一緒に作りませんか?

~レッツ ぴあふれんど~
一緒に考えませんか、当時参加も大歓迎です!
応援団をしてくれる方も募集しています♡

障がいのある子達の卒業の行き先はさまざまですが、重度心身障がい児(以下、重身)で就労ができない在宅の子達は生活介護となります。

しかし、重身の子達が通える生活介護の数に限りがあり、行きたいところを選んで行けるほど現実は甘くありません。特に医療的ケアの必要な子達は事業所の人員不足であったり、安全面の確保からさらに受け入れは厳しくなります。そして、生活介護は放課後等児童デイのように18歳になったら卒業ということはないので、新しい事業所ができない限り、どんどん行けるところがなくなってしまうのです。

学校に通える間はいいのですが、卒業後はこのような現実に突き当たり、重身の子を持つ親御さんは本当に困っています。

そして、私達も訪問看護に携わっていると、重身に限らず、難病の方でも行き場のない人がたくさんいることを思い知らされます。

そこで、私たちは動き出すことにしました。「レッツぴあふれんど」重身のお母さんを中心に、子ども達の将来を自分達で作ってみようと今から話しあいを始めます。どれくらい時間がかかるかわかりませんが、いつかきっと・・・。

※詳細のチラシはこちらから印刷して下さい。

レッツぴあふれんど