サポーターではなく「パートナー」として・・・

先日、小松市民病院さん主催で、
認知症当事者でおれんじドア実行委員会代表でもある“丹野 智文”さんの公演会がありました。

小松市民病院の研修室が満席になり、熱気に包まれました。
認知症の当事者の方から話しを聞ける機会はなかなかないですが、最近では自ら公表して思いを話してくれる人が増えています。 私達が誤解していること、一緒にできることなどなど・・・目からウロコの話でした。

サポーターではなく「パートナー」として、
認知症と共に生きる社会を一緒につくっていくぞ~!と思いました。

※詳細は、こちらをクリックして下さい。丹野さんが教えてくれた素敵な情報も載っています。