2018年 6月

3E57AF81-4017-46EA-B803-A3D5377F594Fややのいえのそらぶたは、空飛ぶブタの冒険の略語です。ヨーロッパでは、空飛ぶブタはしあわせの象徴、現実にまったくありえないことを示すことの慣用句です。30代の頃からずっと心に思い浮かべてきたそんな空飛ぶブタのイメージが、ややのいえのトレードマークになりました。

今年は「POOマスターのアドバンスコース」や「POOカレッジ」も予定しています!全国に「POOマスター」の輪が広がっています。

7月7日から大阪の第2回目、7月21日から石川で第7回目の「POOマスター養成研修会」がはじまります!小田原、千葉、神戸、秋田、北海道でも「入門コース」を地元のみなさんのおかげで開催予定です!

老年看護の5.6月号は、高齢者の排便障害とケアです。「高齢者の排便障害のアセスメントと排便ケア」について掲載されました。
3B1C07D0-5D6A-403C-B0DE-EA950F106E9DF1F85975-5882-47BA-A20B-8884E7D4C8F2EABCEB9B-621A-4441-8B4F-E4E350771819

6月24日(日)11時から、サイエンスヒルズこまつで、高橋真理子さんの星空トーク「オーロラストーリー」がありますよ!「高橋真理子さん」×「星野道夫さん」×「オーロラ」なんて素敵ですね♡

ぜひ、みなさんお誘い合わせのうえ出かけましょう!

☆故・星野道夫(故人)さん:自然と人々の営みを撮影し、文章につづった写真家
星野さんは1996年、取材で滞在していたカムチャツカ半島で事故に遭い、43歳で亡くなりました

    ※詳細・申し込みは、サイエンスヒルズHPへ
オーロラストーリー

小松市の委託事業で行っている「小松市認知症ケアコミュニティマイスター養成講座」より

「認知症フレンドリー社会」のアプローチで地域全体が変わる!

近年、注目されていいるキーワード「認知症フレンドリー社会(認知症の人にやさしい社会)」とは・・・
医療を中心とした従来の考え方では、病気が問題を引き起こすので、予防や治療で問題を減らそうというアプローチでした。
それに対して、「認知症フレンドリー社会」の考え方では、認知症に関係する出来事を、認知症に伴う症状を持つ人々と周囲の環境との間で起こる現象としてとらえ、病気に対処するのではなく、地域や社会の側を変えていこうというアプローチです。
特に、認知症施策の先進地である英国では、こういったアプローチが広まっており、各地や町ごとに認知症フレンドリーコミュニティを目ざすネットワーク(Dementia Action Alliance)が結成されています。その他に、企業も取り組みを始めています。こうした取り組みは、認知症の人のためであると同時に、他の高齢者や障害者全般にもフィットしやすく、より安心して利用できるものです。
認知症フレンドリー社会は、認知症の人だけを特別扱いするということではなく、「認知症の人にも優しい仕組みがある社会」です。

日本で上記のような先進的な取り組みをされている「徳田 雄人(とくだ たけひと)」を講師にお招きし、一般公開講座を行います。興味のある方は、どなたでも参加できます。ぜひ、一緒に「こまつ型のフレンドリーコミュニティ」を考えてみましょう!

※詳細は、こちらをクリックしてください。
☆講師の「徳田 雄人(とくだ たけひと)」さんの関連HPは、
認知症フレンドシップクラブHP
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
RUN伴(ランとも)

ややのいえの毎月第2木曜日はチョーきれいカフェです!

7A54AF1C-AB61-4719-A5D1-FE32E7705F266月14日の木曜日も0歳から91歳まで大賑わいの楽しいカフェでした!チョーきれいランチは、たらことグリーンピースご飯、野菜とベーコンのポトフ、納豆オクラ長芋めかぶのネバネバ大作戦、アカモクの酢の物、鶏モモのマスタード焼き、ややのいえの裏庭でとれたサラダ、細昆布の炒め煮、切干し大根の煮物。

午後からは、要の体操でからだほぐししてリラックス、副交感神経優位な体づくりを実感していただいています(^_^) CBD10517-B813-4E56-AB4F-C83C86B9C1BA5272CD20-6BED-4A0D-BBF3-1476F28C39DA7D116E43-53DE-41EF-997F-7A76C74509AC5CC66687-DAE8-4D8A-B3D2-B192E84BB02FEC1A6AC5-6D50-49E2-82CC-1C369A13C4FD

 

 

 

※第4木曜日はおかめ食堂!6月28日木曜日は、11時からは、ちまき作り体験!ちらし寿司のランチ、13時からは、骨盤ケアについて整体師の奥村さんに教えていただきます!みなさまお待ちしています!

NPO法人いのちにやさしいまちづくりぽぽぽねっとの「いのちの学校」企画

先日、三砂ちづる(みさご ちづる)先生が、癌であるご主人を自宅で介護し看取った経験をお話してもらった。
詳細は、こちらをクリックしてね♡