おれんじドア “丹野 智文”さん 公演会 in 小松市民病院

小松市民病院さん主催で、認知症当事者の方が語るまちづくりが開催されます。
当事者でもあり、おれんじドア実行委員会代表でもある“丹野 智文”さんの公演会です!

※おれんじドアとは…
認知症と診断された人の、その不安を一緒に乗り越えられたら…という思いでつくられました。
認知症の診断を受けて、これから先、どうなるのだろうと不安で仕方がなかったとき、先に診断を受け、その不安を乗り越えてきた認知症当事者の方々との出会いに救われたそうです。
この「オレンジドア」には、もの忘れなどで不安を抱えた方や認知症と診断されたご本人に足を運んでいただき、当事者の居場所だけでなく、来ていただいた方が安心して元気を取り戻して次の居場所につながるための「入り口」という意味だそうです。

 “おれんじドア”のホームページはこちらです。

これからの私達が認知症とどのように向かい合って生きていくのか、一緒に考える機会だと思います。
ぜひ、ご家族、友人、ご近所の方、職場の方などお誘いあわせて参加しませんか?

※詳細は、こちらをクリックして、小松市民病院へお申込ください。