2018年 1月

“嚥下食”をみんなで試食会!

利用者さまの経口摂取がしやすいものを検討するために、スタッフが作製してきたお茶ゼリーや市販の嚥下食などを色々食べ比べてみました。

21857ECD-17A3-4DE8-AF5A-B1DBB33EF04DF1184F4D-0989-4D8B-8A5B-4D4C58F82F68同じお茶でゼリーを作っても何で固めるかによって味も少し変わることもわかり、トロミ剤の量によっても味や舌触りも少し変わることもわかりました。好みも人それぞれ・・・
さまざまな意見が出てさらに施行錯誤できそうです。9D423F52-1288-4D8A-A0D5-0AF080620BB817A1F3A0-6590-4CFB-8854-D2720C7D4B7FD10C5691-9884-42EC-96EB-EE87C599F7F2

第18回いのちの学校
氷点下にも関わらず参加してくださった皆さんと佐藤先生、荒木早良先生との素敵な出会いがありました。
今後この出会いを小松でつなげて行きたいと思いました。

※いのちの学校の様子はこちらをクリックしてご覧下さい。

お待たせしました!寒波のため、延期になったお餅つき大会を再開します。
餅つき大会

ぜひ、お友達やご家族で遊びに来て下さいませ!

🌾チラシはこちらをクリックしてね!

 

  • NHK「プロフェショナル仕事の流儀」第140回の「どんなときでも、命は輝く」にも登場された看護師です。末期がんだった41歳のお姉さまをご自宅で看護し看取らえたことをきっかけに訪問看護をはじめられたそうです。その時の在宅をチームで行った経験は、「その人の生きてきた生活の場が療養の場となり、かけがえのない時間を、できれば最後まで家族や愛するものに囲まれて過ごしたい」との思いを支えるために在宅ケア道に入られました。「じっくり相談できる場所」、もっと早く「在宅医療」をしってもらうために活動をされています。2011年には「暮らしの保健室」、2016年には「マギーズ東京」をオープンさせ、がん患者さんの安心できる居場所づくりを行われています。

    先進地での取り組みを学び、自分達にできることを一緒に考えてみませんか。

  • 日 時:2月25日(日)13:00~16:00 ※ 時間変更になりました
  • 場 所:小松市民病院 南館4F研修室
  • 講 師:(株)ケアーズ白十字訪問看護ステーション代表取締役・統括所長
    NPO法人マギーズ東京共同代表理事 マギーズ東京センター長  
    秋山 正子さん

ご興味のある方・意欲のある方はどなたでも参加できます。

【参加ご希望の方】
こちらをクリックしてご確認ください!

みなさま楽しみにしていた1月25日(木)の餅つき大会ですが、寒波のため延期させて頂きます。
また、日程が確定したらまたお知らせします。

小松市認知症ケアコミュニティマイスターの会とNPO法人いのちにやさしいまちづくりぽぽぽねっとで協力して、小松市に聞き書きの輪を広げようと企画しました。

2.11 聞き書き講座

ご興味のある方・意欲のある方はどなたでも参加できます。

【参加ご希望の方】
こちらをクリックしてご確認ください!

第20回 金沢マギーまなびの教室
2.3マギーチラシはこちらをクリックしてね!

※NPO法人がんとむきあう会の活動は、こちらをみてね

“楽しいおみや”をみんなで楽しみました。
EAEABED1-956C-4F11-8292-FB41C8F2F4644FA7F157-0422-4272-BEF6-00E38F53B49D9B9FBF1C-F1DC-4DAB-9DF9-FD97FF844745

“NHK Eテレ~TVシンポジウム”みてね!

認知症と図書館110月に東京で開催された「認知症と図書館を考える」のシンポジウムに
訪問時に聞き書きをしている様子をビデオ参加させてもらいましたが、
その時の聞き書きの様子をドキュメンタリー映像で紹介されるとの連絡が
ありました。よかったら、皆様みてくださいね!

番組:TVシンポジウム (NHK Eテレ)
「認知症にやさしい図書館」
~高齢化時代の新たな役割とは~
日程:2018年1月20日(土) 14時~14時59分

 

本日の中日新聞で、「ぽぽぽ聞き書きの会」の活動1つのである「聞き書き文庫」のことが紹介されました。
詳しくて、こちらをクリックしてね